2017年9月の星空

《9月の天文カレンダー》

天文現象 天文現象
2 水星が火星の南4°06′(09:08)
13 下弦(15:25)
5 海王星が衝:観望の好期(23:51) 20 新月(14:30)
6 満月(16:03) 23 秋分(05:02)
12 水星が西方最大離角(19:17) 28 上弦(11:54)

◆9月の星空案内 ◆

 暦の上では秋になりましたが、頭上から西の空は、まだまだ夏の星座たちが見えています。夏の星座探しは、ちょうど頭の真上あたりで、ひときわ白く輝く星から始まります。この星が、七夕の話に登場する“織り姫星”、こと座の1等星ベガです。そして、天の川をはさんで反対側、ベガからやや南東で輝く星が“彦星”、わし座の1等星アルタイルです。ベガから北東に目を移すと、はくちょう座の1等星デネブが輝いています。このベガ、アルタイル、デネブを結ぶと、“夏の大三角”ができ、夏の星座探しのよい案内役となります。また東の空の低いところには、秋の星座の中で唯一の1等星である、みなみのうお座フォーマルハウトが姿を見せます。そして、東の空高いところには、握り拳より一回り大きい四角形の星の並びが見えます。これを“秋の四辺形”と呼んでいます。ここには、ペガスス座があります。この秋の四辺形を使うことによって、いろいろな秋の星座たちを探すことができます。夏と秋の星座を探しながら、季節の移り変わりを感じてみてはいかがでしょうか。

水星( 0.3 等前後):しし座→おとめ座付近 夜明け前、東の低空で輝く。
金星(-4.0 等前後):かに座→しし付近 夜明け前、東の低空で明るく輝く。
火星( 1.8 等前後):しし座付近 観測に適さない。
木星(-1.7 等前後):おとめ座付近 日没後、西の低空で輝く。
土星( 0.5 等前後):へびつかい座付近 21時頃、南西の空で輝く。

印刷用 星空さんぽ

※印刷用「星空さんぽ」の様式を表示させるには、「Adobe Reader(アドビ・リーダー)」が必要です。 提供している様式はPDFファイルで作成されています。PDFファイルを見るにはアドビ社が無償配布しているアドビリーダーが必要です。アドビリーダーをお持ちでない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードして御利用ください。