平成31年度(2019年度)福岡県青少年科学館指導者支援事業

1 目的
 青少年教育指導を担当する社会教育関係職員、教員等の学校教育関係者及び科学教育の普及・振興に寄与する者に対し、福岡県青少年科学館が有するサイエンスショーや科学工作、星座のさがし方等のノウハウを提供し、科学教育の普及・振興に寄与する指導者等の育成を図る。

2 申込者・定員・実施回数
(1)申込者
   青少年教育指導者(子ども会、青少年団体指導者等)、社会教育関係職員(公民館、図書館職員等)及び
  学校教育関係者(教員等)等の青少年や市民に対する指導的立場にある者、科学教育の普及・振興に寄与する者の代表者
(2)定員
   1回につき、原則として対象となる者が30人まで(内容により適切な人数は変動します。)
(3)実施回数
   年間5回程度

3 内容
以下のa~cの中から1つ又は複数を選んでください。それぞれ1時間程度の時間が必要です。

a 科学工作の指導法 (スライム・プラ板キーホルダー・すっとびロケット 等)
b サイエンスショーの実演と演習 (空気の実験、液体窒素の実験 等)
c 星空観察の指導法 (観察会の指導法とその留意点、季節の星座の見つけ方 等)

4 会場
  原則として福岡県青少年科学館(2F実験室・工作室、3F集会室)で実施します。
状況によっては、申込者が用意する会場で行う場合もありますので、あらかじめご相談ください。

5 実施日及び実施時間
(1)申込者と協議の上、実施日を決定します。ただし、科学館の休館日と館内整理日、イベント開催期間は実施できません。詳しくは、事業計画(科学工作教室・サイエンスショー用、星空観察用)をご確認下さい。
(2)実施時間は、原則として10時から15時までです。

6 申込手順  ★要項・申込書・実施日はこちら
(1)実施希望日の2か月前までに電話で希望の日時と内容について御相談ください。
(2)実施日と内容が決まり次第、別紙申込書(様式1)でお申し込みください。
(3)選考結果については、文書でお知らせします。

7 経費その他
(1)内容により以下の経費が必要です。
a 科学工作の指導法
    工作1人1個当たり100円
b サイエンスショーの実演と演習
    原則として無料。ただし、器具、道具の製作や購入が必要となる場合や大量の薬品が必要となる場合には、経費を負担していただくことがあります。
c 星空観察の指導法
  原則として無料
(2)科学館で実施する場合には当日の科学館の入館料は免除されます。
(3)科学館では、当事業実施に係る保険には加入していませんので、申込者において加入してください。

問い合わせ先
福岡県青少年科学館科学教育チーム 指導者支援事業担当
 TEL 0942-37-5566
 FAX 0942-37-3770
 E-mail  mail@science.pref.fukuoka.jp