令和3年度福岡県青少年科学館ネットワーク推進事業実施要項

1 目的
 市町村、教育機関、教育関係団体が実施する科学普及関連事業へ福岡県青少年科学館(以下「科学館」という。)の職員を派遣し支援する(以下「ネットワーク推進事業」という。)ことによって、学社連携・融合や開かれた施設づくりを推進し、本県における科学教育の振興及び生涯学習社会の発展に寄与する。

2 派遣依頼者及び派遣先
  市町村、教育機関、教育関係団体

3 内容
依頼者が実施する以下の内容とし、児童生徒、地域住民等が多数参加して科学教育の十分な啓発効果が見込まれるもの

(1)科学工作教室 (リング飛行機・ビー玉万華鏡・すっとびロケット・くるくる偏光板万華鏡 等)
(2)サイエンスショー (空気の実験、液体窒素の実験 等)
(3)天文教室 (太陽の観察、星座解説)

4 留意事項
(1)行程は科学館から派遣先までの往復の時間も含めて9時から17時30分までの間で行うこと
(2)事業の入場料は無料とすること。また、政治的あるいは宗教的な目的でないこと
(3)団体、個人等の宣伝に利用するものではないこと
(4)科学館から派遣する人数は、時間及び内容によって決定すること
(5)依頼者(申込者)において事業参加者の保険に加入するとともに、本要項6に示す経費を負担すること

5 申込み等  ★要項・申込書はこちら
1)実施数
派遣する事業数は、月3事業程度(年間12事業程度)とし、1つの派遣先における実施は1回に限るものとする
(2)実施期間及び応募期間
前期 応募期間 令和3年4月18日(日)から6月11日(金)17時00分必着
   前期実施期間 令和3年9月8日(水)から9月30日(木)まで
後期 応募期間 令和3年7月11日(日)から9月11日(土) 17時00分必着
後期実施期間 令和3年12月4日(土)から令和4年2月27日(日)まで
     詳しい実施期間については、事業計画(科学工作教室・サイエンスショー用、天文教室用)をご確認ください。
(3)申込方法等
  1)「令和3年度福岡県青少年科学館ネットワーク推進事業申込書」(様式1)を応募期間内に提出すること(申込書はコピーではなく原本の提出を基本とする)
  2)選考結果は、前期は7月11日(日)、後期は10月11日(月)までに文書で通知する
  3)派遣決定の後は、実施の詳細について科学館担当者と事前の打合せを行うこと

6 依頼者の負担する経費
   必要となる経費は、実施内容によって異なるため別途、協議を要する
(例1:科学工作教室の材料費は工作1個製作につき税込100円であり、参加人数によって変動する)
(例2:液体窒素を用いた実験では液体窒素の使用料として税込3,800円を必要とする)
   ※ 経費の支払い方法は、実施当日の現金支払いのみとする

問い合わせ先
福岡県青少年科学館 科学教育グループ ネットワーク推進事業担当
 TEL 0942-37-5566
 FAX 0942-37-3770
 E-mail  mail@science.pref.fukuoka.jp