夏の星空教室の様子をご紹介します。  
第1部「夏の星座さがしのコツ」(約45分)
星座ってなに?
夏の星座の見つけ方のコツは?
流星群について

というトピックをもとに、星座の歴史や、夏の星座の見つけ方、注目の天文現象「流星群」を見るためのポイントなどのお話をしました。
夏の星空教室
夏の星空教室 夏の星座さがしでは、夏の大三角を手がかりに、「こと座」や「わし座」「はくちょう座」などの星座をさがしていきました。「さそり座」は“Sの字”、「はくちょう座」は“十の字”、「いて座」は“スプーンの形”というように、星座を見つけるときのコツも一緒に学んでいきました。

第2部「夏の星座さがし実習」(約30分)
第2部ではプラネタリウムに移動して、当日の夜空で夏の星座さがしの練習をしました。第1部で学んだ星座を見つけるときのコツを思い出しながら、みんなで星座をさがしました。その後、みんなで答え合わせをしながら星座解説を行いました。最後は久留米の街明かりを消して、満天の星のもとで天の川を楽しみました。 夏の星空教室
  【参加された方の声】  
 
さがしてみたいし、もっとしりたいです。初めて南斗六星をしりました。
いろいろな星を見れてよかったです。
プラネタリウムでキレイな星を見たので、またいろいろな星座を知りたいです。
自分の星座をつくってみたいです。夏の星座のことを知れたのでよかったです。
夏休み前に参加でき、大変よかったです。ゆったりと夏の夜空をながめてみたいと思います。
流星が見たいので、子どもと計画を立てたいなぁと思いました。
みんなでキャンプをしながら観察会ができそうです。
  【担当者から】  
 星空教室(夏)にご参加いただきありがとうございました。今回は、夏の星座の見つけ方や天の川の美しさ、流星群を見つけるためのポイントを紹介することで、参加された方々に「夏休みに星を見てみたいなぁ」と思っていただくことを目標に教室を行いました。今回紹介させていただいた夏の大三角の3つの1等星は街中でも見つけることができます。それぞれの星を含む星座の物語を思い出しながら、夜空で輝く星を眺めてみてください。
  夏休みの間は、他の時期と比べるとゆっくり過ごすことができるのではないかと思います。流星や天の川に興味をもたれた方は、是非計画を立てて街灯や街明かりの少ない場所へ行き、星空を楽しんでください。