春の星空教室の様子をご紹介します。  
今回も、定員を8組(最大24名、幼児の同席不可)に減らし、三密を避けるなどの感染症対策をとりながら開催しました。
参加者の皆様にも、マスクの着用やグループごとに1つのテーブルを使用し他の方との距離を保つなど、ご協力をいただき、安全に開催することができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
第1部「春の星座さがしのコツ」(約45分)
星座ってなに?
春の星座の見つけ方のコツは?
1週間はなぜ月火水木金土日の順なの?

というトピックをもとに、星座のなりたちや、春の星座の見つけ方、1週間が月火水木金土日の順なのは天動説の考え方がもとになっていることなどのお話をしました。
春の星空教室
春の星空教室  春の星座さがしでは、北斗七星からスタートして、春の大曲線や春の大三角を手がかりに、「うしかい座」や「おとめ座」「しし座」などの、春を代表する星座をさがしていきました。「からす座」は“春の大曲線を伸ばしたところに見つかるプリンのような形をした星の並び”というように、星座を見つけるときのコツも一緒に学んでいきました。

第2部「春の星座さがし実習」(約30分)
 第2部ではプラネタリウムに移動して、当日の夜空で春の星座さがしの練習をしました。春の大曲線や春の大三角をたよりに、第1部で学んだ星座さがしのコツを思い出しながら、各グループで星座をさがしていきました。
 最後にみんなで答え合わせをしながら、星座解説を行いました。
  【参加された方の声】  
 

参加した方の感想
いろいろな星ざの事や、星ざを見つけることができたので良かったです。
夜空を見れて楽しかった。
しっかり今日のことを忘れずに、学校でもしっかり生かしたい。
すごく分かってまた来たいと思いました。
月~日の曜日の成り立ちやアルゴ座は初めて聞いた話だったので勉強になりました。
大人でも楽しく星座を学べ、楽しめました。ありがとうございました。
  【担当者から】  
 星空教室・春にご参加いただき、ありがとうございました。今回は初めて星空教室に参加された方がたくさんいらっしゃいました。学年が上がったり、新たな出会いがあったりする春は、新しいことに挑戦するのにピッタリな季節です。「今年は夜空で星座が見つけられるようになるぞ!」そんな目標も素敵ですよね。夜空で星座が見つけられたり、星の名前が分かったりすると、空を見上げることがもっと楽しくなります。春の大曲線や春の大三角をたよりに、星空さんぽを楽しんでください。