冬の星空教室の様子をご紹介します。  
第1部「冬の星座さがしのコツ」(約40分)
そもそも、星座って何なの?

  冬の夜空のみどころは?
  星座はいつ、どうやってできたの?
    冬の星座の見つけ方のコツは?

という疑問からスタートしました。
冬の夜空には、生まれたばかりの星、若い星、最期を迎えようとしている星など、様々な星の姿を見ることができます。そこで、今回は『星の一生』について学習しました。
冬の星空教室
冬の星空教室  冬の星座のさがしのコツでは、冬の大三角を手がかりに、「オリオン座」「おおいぬ座」「こいぬ座」「ふたご座」「ぎょしゃ座」「おうし座」の星の並びを、いろいろなものの形にたとえてさがすコツを学習しました。星のゆりかごとも言えるM42オリオン大星雲や超新星爆発の残骸であるM1かに星雲なども紹介しました。
第2部「冬の星座さがし実習」(約30分) 
第1部で学習した星座さがしのコツを使って、プラネタリウムで星座さがしの練習をしました。星座さがしのときには4色のライトを使って、家族や友だちと一緒に星座をさがしました。
 第1部で使った資料や星座早見を使って、星座をさがしました。キャンドルライトを使って手元を照らすので、第1部で使った資料を見ながら、星座さがしをすることができます。
 最後に、答え合わせとして星座解説を行いました。
  【参加された方の声】  


一年を通して勉強してきて、冬の星が一番分かりやすかったです。ぜひ早見表で見てみたいと思います。また参加したいです。
子供と一緒に興味を持って参加できる貴重な機会でした。夜、冬の星座を探してみたいと思います。ありがとうございました。
とてもわかりやすく楽しかったです。
星の一生のお話しがとても良かったです。毎回新しい発見があって、工夫されててすごいなぁと思います。ありがとうございました。
今日の教室で教えていただいた星座を実際に探してみたいと思いました。ありがとうございました。
今日はプリントを照らしあわせで、星座をゆっくりと探せたのでよかったです。
   【担当者から】  
星空教室・冬にご参加いただきありがとうございました。
 冬は一年の中でも星を観察するのに適した季節と言えます。その理由は、乾燥していて空気が澄んでいること、日没が早く、星を見られる時間が長いこと、1等星をはじめ明るい星がたくさんあることです。今回の星空教室をとおして、見つけやすい冬の星座をさがしたり、星の一生ついてに思いを馳せたりしてみながら、冬の星空を眺めてみてはいかがでしょうか。