秋の星空教室の様子をご紹介します。  
第1部「秋の星座さがしのコツ」(約45分)
星座って何だろう?
古代エチオピア王家の物語
秋の星座の見つけ方のコツは?

というトピックをもとに、星座のなりたちや、秋の夜空で繰り広げられる壮大な物語「古代エチオピア王家の物語」のお話をしました。
秋の星空教室
秋の星空教室  秋の星座探しでは『秋の四辺形』をたよりに、物語の登場人物アンドロメダ姫や化けくじらが星座となった「アンドロメダ座」や「くじら座」をさがしていきました。「ペルセウス座」は“人の字”、「ケフェウス座」は“とんがりぼうし”というように、星座を見つけるときのコツも一緒に学んでいきました。

第2部「秋の星座さがし実習」(約30分)
 第2部はプラネタリウムの星空で星座探しの練習です。『秋の四辺形』をたよりに、第1部で学んだ星座探しのコツを使いながら、一緒に来た人と星座をさがしていきました。
  最後に答え合わせをしながら星座解説を行いました。
秋の星空教室
  【参加された方の声】  
 
神話をまじえると、ますます興味深くなりおぼえやすかった。
知らなかった秋の星座が分かったのでよかったです。
とってもたのしかったです。ふゆのほしぞらきょうしつもはやくやりたいです。
また、家で、夜を見上げて、子ども達と星座探ししてみたいと思います。
夏や冬は、よく見ますが、秋は、月の方が主役でした。秋の夜空を見上げてみたいと思いました。
わかりやすかったしたのしかったのでもう一回きてみたい。
また次は秋の星座だけでなくどの季節の星座も見たくなりました。今夜から星の見方が少し変わるかもと思いました。
  【担当者から】  
 星空教室・秋にご参加いただき、ありがとうございました。秋は他の季節に比べると明るい星が少なく、すこし寂しい感じもします。しかし、そこに古代エチオピア王家の物語を想像すると、秋の夜空はちがった印象に感じてくることでしょう。ぜひ、実際の夜空でも壮大な物語を描きながら、星座めぐりを楽しんでみてください。